不動産の任意売却に挑戦

不動産の売却をするときは、まず査定を受けなければなりません

弁護士に相談すると、現状で返済をせずに競売を止めることはできないこと、競落されるより先に任意売却をすることは可能で、その方が借金の減額にもつながることなどをアドバイスを受けたのです。
それを踏まえて最初に相談した不動産業者とも話し合い、結局その業者に住宅を買い取ってもらい、家賃を支払ってそのまま住み続けるということになりました。
思っていたよりも高額で売却することができたため借金を全額払えただけでなく、ある程度まとまった現金も手に入り、当面生活するのにも不自由はありません。
生活にゆとりがあるうちに必死で転職活動をして、収入を増やすことで何とか家賃を払っても借金をせずに生活できるようになりました。
不動産の売却をするときは、まず査定を受けなければなりません。
最初はその物件の登記簿謄本や固定資産税の評価照明を持参して、担当者が実際に現場に出向いて査定をしていました。
立地条件や築年数、間取りなどを調べて評価した上で、こちらの希望も聞いて当面は家賃を滞納しない限りそのまま住んでもいいという条件にしてもらったのです。

不動産の買取をしてくれる業者を探してみた不動産の売却をするときは、まず査定を受けなければなりませんほぼ正方形に近い立地なので高く評価された