不動産の任意売却に挑戦

ほぼ正方形に近い立地なので高く評価された

不動産の買取をしてくれる業者を探してみた不動産の売却をするときは、まず査定を受けなければなりませんほぼ正方形に近い立地なので高く評価された

ただし、買取金額を超える家賃を支払っても住宅は業者の所有のままですので、子供が独立するなどで広い住宅が不要になったら、もっと家賃の安いところに引っ越す予定です。
売却が決まったら契約書を交わし、所有権の移転登記をする司法書士から必要書類の説明を受けました。
そして代金の受領と同時に不動産登記をしてもらい、住んでいる状態はそのままに持ち主は数日で変更となりました。
受け取った代金で銀行の借金を完済し、競売を取り下げてもらってからようやく普段通りの生活に戻ったような状況です。
今回は不動産を担保に入れていなかったので、抵当権に関しては登記の必要がありませんでしたが、抵当権を設定している金融機関があれば、優先順位の高い方から競売や売却で得た代金をどんどん差し引かれていくそうです。
査定をしてもらうときに業者にいろいろ話を聞きましたが、買い取ってほしい物件があるときには少しでも綺麗な状態にしておいた方が査定で評価が高くなりやすいそうです。
また、地域的には価値が高い物件でも、土地の形や道路に隣接しているか、周辺に何があるかなどで金額がずいぶん変わってくるらしいので、必ずしも希望通りの高い金額で買い取ってもらえるとは限らないとのことでした。
今回は道路が目の前にあって駅が近く、ほぼ正方形に近い立地なので高く評価されたらしく、よかったです。